アカデミーと20世紀な少年。 | VOLUME ACE KAMATA's BLOG

VOLUME ACE KAMATA's BLOG

<< 黄金伝説達成!Invader must die | main | ノリで見る。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アカデミーと20世紀な少年。
JUGEMテーマ:映画


「おくりびと」アカデミー賞受賞したねぇ〜。
おめでとう。すごいよねぇ〜。
シブがき隊員のモックンもついに世界派俳優に
なった。寿司を食っている場合じゃないな。(笑)

映画と言えば先日、「20世紀少年」の実写版
映画を観た。

なんで実写にする必要があるんだ?!と思って
いたのだが、けっこう良かった。

原作者の浦沢直樹氏の漫画は本当にすばらしい。
私の知る漫画家のなかでも世界観や構成や
キャラクターなど頭一つ飛び出ていると思う。

大体の漫画はアニメになるとストーリーが
はしょられたり、絵のタッチが違ったりする。
だが、アニメ化された彼の作品は原作に忠実だ。
その点を考えても「完成されている」という事
なのであろう。

20世紀少年もまた実写ではあったが原作に
忠実であった。
実写になって驚いたのがリアリティーが生まれ
た事だ。
漫画にはどうしても薄れてしまう現実味の恐怖
感が人が演じる事によって生じていた。
それだけでも実写にした甲斐があったと思う。

子供が想像するような「ありえねぇ〜」ってい
うような話を「宗教」という形で多くの人間を
巻き込んで現実にしていく様は、あのオウム
心理教の一連の事件やありかたを彷彿とさせる。
そしてそれが現実社会で起こっていた出来事が
あったことにに改めて強く恐怖を感じた。

第二章も時期をみて拝見しようと思う。

しかしヤッターマンを実写化する意味はどうにも
わからないね。あれは絶対にアニメでいい。
しかも映画でなくていい。
平日の夕方五時半くらいから30分枠で再放送
(昔のシリーズ)がいい。
決してヤッターマンを軽視しているわけではない
それが完成形だからそれがいいのだ。
| 日常 | 23:18 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:18 | - | - |










CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS